Japan Times - Thurs. 15 Nov. 2007

The fusillade against China

In some ways China is not my favorite country. I once went to some trouble to learn its language. I have often had to court rightwing hostility for trying to explain its foreign policies in less than demonic terms. Back in 1971 I even organized, single-handedly and over Canberra's opposition, an Australian team to join in Beijing's Ping-Pong diplomacy. (Canberra in those days saw Beijing as evil incarnate, and its efforts to open up to the world via Ping-Pong team matches as a plot to take us all over.)
Yet, on my first day in China accompanying the team I had organized with such effort, I was almost expelled for trying to rescue an Australian journalist in trouble with the Red Guards. A few weeks later I was to receive a formal reprimand from the Chinese Foreign Ministry for trying to help more mistake-prone Australian journalists in trouble.

This, together with some articles I wrote showing less than complete enthusiasm for China's disastrous Cultural Revolution, put me in Beijing's bad books for quite some time. Others who slavishly praised China at the time were warmly welcomed.
But while it is easy to be annoyed by China's hard-nosed realpolitik in choosing friends, it is hard also not to be annoyed by the continual anti-China carping in the West.
Here is a nation that has begun to lift one quarter of the world's population out of poverty to close to middle-class prosperity in a generation. Yet we are supposed to be upset by suspect paint on some toys ordered to the specifications of a U.S. importer, plus a few other imperfections in the torrent of quality goods helping rescue our Western economies from inflation and improve our own middle-class existences.
China is accused of air pollution and gobbling up world energy resources. But when it dams the Yangtse River to produce over 22,000 megawatts of clean energy in an engineering feat that no Western nation can even begin to match, the Western media complain about the unforeseen erosion of mountain slopes upstream forcing villagers to be evacuated.
So it would have been better not to build the dam, force China to continue to rely on pollution-intense, coal-based energy, and go back to the days when tens of thousands died from flooding in the Yangtse's heavily populated lower reaches?
Somehow the recent opening of the remarkable 1,142-km, 5,000-meter-high railway line into Tibet is also sinful because it opens Tibet to Han Chinese influence. So it would be better to keep Tibetans in backward isolation forever?
The Han Chinese are supposed to be guilty of creeping genocide in Tibet. But since Beijing allows Tibetans, like other minorities, to have as many children as they want while Han Chinese are restricted to only one child, it seems we need a new definition of genocide.
China, it seems, is also guilty for failing to protest atrocities the West condemns in Sudan's Darfur and in Myanmar. Maybe it sees hypocrisy in the way the West not just fails to protest similar atrocities elsewhere, but actually helps to create them, as in Iraq, Somalia or Afghanistan. U.S. free-fire zones in Vietnam forcing villagers to live in underground tunnels for years make Darfur's Janjaweed killers look like a bunch of amateurs.
Maybe we would all be better off if we stopped telling other nations what to do and concentrated on our own affairs, as China does. But the main complaint is that China is not a democracy. Has anyone thought what would happen if China was a democracy?
The first victim would be the unpopular one-child policy, which threatens to cause serious problems for the nation in the future — rapid population aging, a male-female population imbalance, the weakening of family values. Yet, without that policy, the global pollution and resource shortage problems we all face would be far worse. In a sense the Chinese are making sacrifices for our sakes. But they get little thanks. Even the one-child policy is denounced as evil authoritarianism.
Today few criticize Singapore, or Japan for that matter, both of whom chose one-party autocracy during their early growth periods. China's blend of local democracy with reasonably responsible collective leadership from the top could well be a model for many other struggling societies.
Singapore's continuing one-party rule suggests that even advanced Chinese culture societies could prefer Confucian-style benign autocracy to Western-style democracy. Democracy is supposed to be about freedom of choice. But our moralists complain when a nation makes a choice they do not like.
Even more annoying is the way the distorted products of myth-making are constantly dragged out to slam Beijing, as with the Tiananmen "massacre" of 1989? Just read the freely available reports from the U.S. Embassy in Beijing at the time to get the true story.
China attacked India in 1962? Read what the historians have long said: namely, that it was India that attacked China and China retaliated.
China wants to take over Taiwan? Almost the entire world now formally recognizes Taiwan to be part of China.
China crushed Tibetan independence in 1959? But no one, the previous anticommunist Chinese regime especially, has ever recognized Tibet as independent. And we now know that the CIA and India were deeply involved in fomenting the 1959 uprising that China felt it had to crush.
True, Chinese leaders have been far from angelic. They have yet to explain their largely unprovoked 1979 attack on Vietnam. Their mishandling of domestic policies led directly to the Tiananmen incident of 1989, and the many other localized riots that continue to occur. But post-Maoist Beijing has been trying hard to reform itself. It deserves more encouragement, less brickbats.
Recent criticisms of China seem aimed to neutralize the kudos Beijing hopes its 2008 Olympics will bring. For some reason the British have long been the most diligent. As proof of Beijing's continuing authoritarianism the BBC recently went to some lengths to show a young reporter speaking execrable Chinese being refused entry to the closely guarded Chinese leadership housing and office compound in Beijing. Perhaps the guards remembered what happened the last time the British arrived there — the looting of invaluable treasures while crushing the 1900 Boxer Rebellion.
London orchestrated much of the anti-China black information campaigns during Vietnam War days. It has used the Tiananmen myth to persuade the European Union to continue its ban on weapons sales to China. Its former governor in Hong Kong, Christopher Patten, was openly contemptuous of the Chinese regime.
Coming from the nation that launched the two Opium Wars of the mid-19th century — wars that were to lead directly to many of China's later troubles, including the loss of Hong Kong — the criticisms seem a bit indulgent.

Discuss this Article
中国を標的にして

 私はいくつかの点で中国びいきでない。若い頃苦労して中国語を学んだ。中国の外交政策について、悪魔的でない説明をしようとして、右派陣営の敵意と対峙しなければならないこともしばしばあった。
1971年に遡れば、オーストラリア政府の反対を押し切って孤軍奮闘でオーストラリア卓球チームを編成し、北京で花開いたピンポン外交に乗り込むことさえやった。(当時オーストラリア政府は中国政府を悪の権化とみなしており、ピンポンチームの招待試合を通して、世界に開こうとする中国の努力は、世界乗っ取りの陰謀とされた)
 ところが、散々苦労してまとめたチームを引率して中国入りした第一日目、紅衛兵とトラブルを起こしたオーストラリア・ジャーナリストを助けようとして、危うく国外追放されそうになった。その後
23週間後には、またまたドジの多いオーストラリア記者連中を手助けしようとした結果、中国外務省から正式な戒告を受ける羽目になった。
 こうした出来事や、また中国の不幸な文化大革命に対し水をさすような記事をいくつか書いたことなどもあって、私の名前はかなりの期間中国政府のブラックリストに乗っていた。当時の中国を盲目的に賛美していた連中は、温かく迎えられた。
 しかし、友人を選ぶにあたって頑迷にこだわりを見せる中国のリアルポリティークに不快感を持つのはたやすいが、一方、中国に対する西側の絶え間ないアラ探しに不快感を持たないことも難しい。
 世界人口の
4分の1の人間を、一世代で、貧困から引き上げ中産階級レベルにまで生活を向上させようと努力しているのが中国だ。それなのにわれわれは、アメリカの輸入業者が特注したおもちゃの一部に使った塗料が怪しいから騒ぎ立てなければならないといわれ、またわれわれ西側の経済をインフレから救い、われわれ自身の中産階級の生活をレベルアップする助けになっている、膨大な量の質のよい製品の中に少しばかりの欠陥が見つかったといって大騒ぎすべしといわれる。
 また中国は、大気汚染と世界のエネルギー資源を呑み込んでいると非難されている。だが、中国が揚子江にダムを造り、どの西側諸国もまだやったことがない技術工学の粋を集めて、
22000メガワットを超えるきれいなエネルギーを生み出したとき、西側メディアは、上流地域で予想外の山斜面崩落が起こり村人が避難を余儀なくされたといって文句をつける。
 それなら、ダムを造らず、汚染の激しい石炭依存エネルギーを使い続けて、幾万もの人が揚子江下流の人口稠密地帯で洪水に呑み込まれていた時代に戻った方がよいというのか。
 何ゆえか、最近開通した
5千メートル級の高地をチベットへ行く1142キロメートルの鉄道も、チベットを漢民族文化の影響にさらすことになるからと、同じく罪深いとされる。それなら、チベットを永久に遅れた孤立した場所として残しておく方がよいのか。
 漢民族中国は、チベットで徐々に進行するジェノサイドの責任があるとされている。だが中国は、チベット人に対し、他の少数民族と同様に、好きな数だけ子供を持ってよいとしている。こうなると、ジェノサイドの定義を変える必要がありそうだ。
 また、西側諸国が非難しているスーダンのダルフールやミャンマーにおける暴虐に中国が抗議の声を上げないのが悪いといわれる。それはもしかしたら、西側諸国が他の地域における同じような暴虐を無視しているばかりでなく、実際はそれを作る後押しをしていることの偽善性を見ているからかもしれない、例えばイラク、ソマリア、アフガニスタンにおけるように。アメリカがベトナムで自由爆撃地帯を設定し、村人を何十年も地下トンネル暮らしさせたことと比べれば、ダルフールのジャンジャウィード殺し屋は素人集団にさえ見えてくる。
 中国を見習って、われわれ全てが他国にああしろこうしろと指図するのを止め、自分自身の問題に集中すれば、かえってみんながより繁栄するのではないか。ところで、中国に対するいちばんの不満は、中国が民主主義でないということになっている。では、中国が民主主義だったら何が起こるか、誰か考えたことがあるか。
 最初に槍玉に上がるのは、不人気な一人っ子政策
 急激な高齢化、男女人口のアンバランス、家族の価値観の弱体化など、将来の国にとって大きな問題を生んでいる政策 だろう。だが、その政策がなくなったら、いまわれわれが直面している地球汚染や資源枯渇問題は、今よりはるかに悪化が進むだろう。中国人はわれわれみんなのために自分を犠牲にしている、ともいえる。だがそれで少しも感謝されていない。一人っ子政策でさえ、悪しき独裁主義だとして糾弾されている。
 今日、シンガポールや、日本もそうだが、どちらも発展の初期段階で一党独裁を選択したからといって、非難する人はあまりないだろう。地域のデモクラシーと、適度に責任を備えた上からの集団指導制をミックスした中国式ブレンドは、他の多くの苦闘している社会によいモデルになるだろう。
 シンガポールがずっと一党独裁を続けていることは、より進んだ中国系文化圏の社会が、欧米流の民主主義よりも儒教式の穏やかな独裁を選ぶことも選択肢の一つでありうることを示している。民主主義とは選択の自由に関するもののはず。ところがわがモラリストたちは、よその国の人々が彼らが好まない選択をした場合には、文句をいう。
 それ以上に憂慮すべきことは、中国について歪曲した神話がせっせと作りだされ、それが中国政府を叩くために動員され続けていることだ。 まず、
1989年の天安門虐殺
真相を知るためには、当時北京の米大使館が出した今自由に入手できるリポートを読むことだ。
 
1962年中国はインドを攻撃した?歴史家たちがずっと言い続けてきたこと つまりインドが中国を攻撃したであり、中国はそれに反撃した を読むがいい。
中国は台湾を乗っ取ろうとしている? 今ではほぼ世界中が、台湾は中国の一部であると公式に認めている。
1959年中国はチベット独立をつぶした?しかし誰も、前の反共中国政権はとくに、チベットを独立国として認めたことは一度もない。そして今、中国が鎮圧する必要があると判断した1959年の蜂起について、その扇動に深く関わっていたのがCIAとインドであることは、周知の事実だ。
 たしかに、中国の指導者たちは天使と呼ぶには程遠い。
1979年にほとんど挑発もないままにベトナムを攻撃したことについては、まだ説明がない。国内政策の不手際が直接に1989年の天安門事件、また今も起きている他の多くの地域的な反乱につながった。とはいえ、毛沢東以後の中国政府は自己改革の努力を懸命に続けている。中国には、石つぶてを投げるより、もっと励ますべきだ。
最近の中国批判は、
2008のオリンピックがもたらすと中国政府が期待している中国の栄誉を、相殺することを狙ったもののように見える。何らかの理由で、英国はずっとこの最先鋒になっている。最近BBCは、中国の独裁主義がまだ続いている証拠として、ひどい中国語をしゃべる若いリポーターが、北京の指導者用住宅事務所コンパウンドに入るのを拒否されたことを長々と報じていた。ひょっとするとガードマンたちは、英国人が最後にここへやって来た時のことを、1900年ボクサー反乱(義和団の乱)を鎮圧したときかれらが高価極まりない宝物類を略奪したことを、思い出していたかもしれない。
ベトナム戦争時代英政府は、反中国のブラック情報キャンペーンの中心的役割を熱心に担っていた。英政府は天安門神話を利用して、EUの対中武器輸出禁止を続けさせようと腐心してきた。英国の前香港総督クリストファー・パッテンはあからさまに中国政府蔑視を示していた。
19世紀央に二度の阿片戦争 香港を失ったことも含め、後の中国が苦しんだ多くの災難に直接につながった戦争 を仕掛けた当事国からの批判としては、ちょっとばかり自己チュウな批判にみえる。
(筆者は元オーストラリア外務省中国デスク外交官、現国際教養大学副学長)