Japan Times

Shedding imposed war guilt

By GREGORY CLARK 2005.04.15
負わされた戦争責任という重荷を下ろして

ジャパンタイムズ 2005.04.15

Tokyo is right to blame the Chinese authorities for failing to prevent damage to Japanese diplomatic and other properties during recent anti-Japanese demonstrations. But the Chinese authorities probably had their reasons. Demonstrations in China can easily turn into ugly antigovernment riots when confronted by state power.

The Tiananmen "massacre" was a good example. The alleged killings of thousands of prodemocracy students in Beijing's Tiananmen Square on June 4, 1989, in fact, as declassified U.S. Embassy documents show, comprised the heavy casualties caused on June 3 when angry rioters, including students, clashed with troops sent to remove the Tiananmen students. One of the Western punishments imposed on Beijing for this nonmassacre of students was a ban on the sale of riot-control equipment.

Ironically, one reason why the Chinese police may have failed to crack down on the anti-Japan rioters could have been the lack of such equipment.

That said, Tokyo is not without fault either. It seems quite insensitive to the damage caused by its anti-China moves and slights. These include everything from very one-sided views of three territorial disputes and tacit promises to cooperate with the United States in military action against China over Taiwan, to homage at Yasukuni Shrine and refusals to admit to the sickening catalog of Japanese atrocities against China before 1945. South Korea is beginning to suffer the same treatment, and is reacting with even greater official vigor.

Claims that Japan has apologized for past aggressions are meaningless. If Japan was really repentant, it would have done something to punish or at least ostracize those responsible for the worst atrocities -- the notorious Unit 731, for example, with its germ warfare and vivisection experiments on live Chinese prisoners. Then we would not have to tolerate the obstinate efforts to deny Japan's wartime military abuse of abducted sex slave "comfort women."

The apology claims are even more meaningless given Japan's tatemae and honne propensity to say one thing and mean something quite different. A good recent example of this is the way Tokyo today blandly insists that the junior high-school textbook revisions that have angered South Korea and China so much were made by publishers, when it is obvious to everyone that they were imposed by the education ministry, often against the publishers' will.

Why is Tokyo so obstinate and unfeeling, to the point of being willing even to push South Korea into a growing alliance with China, and to leave itself isolated in Northeast Asia? Similar clumsiness in the territorial dispute with Russia leaves it even more isolated (see The Japan Times article, March 24, "Northern Territories dispute highlights flawed diplomacy" for details). Even allowing for the emotionalism and ad hoc manner in which Japan conducts much of its diplomacy, it is hard to believe that Tokyo wants deliberately to antagonize its neighbors. Some other factor must be involved, and I suggest that deep down it goes back to Japan's largely unstated view of itself as a victim of obstinacy and insensitivity from others.

In the catalog of Western postwar myths and mistakes toward Asia -- that China attacked India in 1962, that the Vietnam War was sponsored by Beijing, that there was a Tiananmen "massacre" -- high on the list has to be the naive view that the West had no responsibility for Japan's 1930-40s' push into Asia and its 1941 Pearl Harbor attack.

As many Japanese see it, both were the inevitable result of Western pressures. For centuries the Western powers had been pushing their colonial expansions closer to Japan. But the same powers objected when Japan set out to gain its own colonies nearby, in Taiwan, Korea and Manchuria. Japan's late 1930s' push into China is condemned outright in the West. But many conservative Japanese see it as provoked by Western inspired anti-Japan boycotts and incidents in China going back to the early 1930s.

Racist anti-Japanese policies in the U.S. and Australia during the 1930s rankled deeply. Then came the U.S.-imposed 1941 embargo on exports of needed fuel and raw materials to Japan -- a declaration of economic war if ever there was one. The final insults were the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki followed by the flawed Tokyo War Crimes Tribunal passing arbitrary judgments on alleged Japanese war criminals.

Nor is there much remorse over Japan's wartime atrocities. Rationalizations are many -- that they were deliberately exaggerated by anti-Japan elements in Asia, that the Chinese killed each other even more barbarously, that the West committed similar atrocities or, to paraphrase the memorable words about Iraq by U.S. Defense Secretary, Donald Rumsfeld: "Stuff happens."

Resentment over these and other details has been bubbling along for decades in the ultra-rightwing juku (indoctrination schools), conservative lecture halls and the pages of the now powerful rightwing media. It underlies the recent strong rightwing shifts in Japanese attitudes. Tokyo's policymakers seem to feel deeply the need for Japan to shake off the burden of unfairly imposed war guilt and to reassert itself, even if it is misunderstood by others.

One who has said so publicly is leading Liberal Democratic Party conservative and former MITI (industry and trade) minister Takeo Hiranuma. He calls for Japan to renounce Article 11 of its San Francisco peace treaty with the allied powers, under which Japan promised to accept the war-crimes verdicts. He sees this as an answer to the Yasukuni problem and a key to Japan regaining self-pride.

But there is one puzzle in all this: Why don't Japan's conservatives and rightwingers take out their postwar resentments more on the West, the U.S. especially, rather than on Asian neighbors? Some do, such as Tokyo Gov. Shintaro Ishihara; they are as much anti-America as they are anti-China. The ultraright is violently anti-American.

But most on the right wing also see U.S. help as crucial to the ultimate goal of confronting China once again, beginning with Taiwan. As some point out, failure to get that help before 1941 led to Pearl Harbor and Japan's ultimate wartime defeat.

Critics like to compare Tokyo's attitudes unfavorably with Germany's sincere post-1945 efforts to atone for war guilt. But the analogy is flawed. It should be with Germany after World War I, not Germany after World War II.

Exaggerated efforts by the Allied Powers to impose war guilt and punishments on post-1918 Germany had one ugly result. His name was Adolf Hitler.
最近の中国における反日デモで、日本の大使館その他の施設への被害を防げなかったことに対して、日本が中国当局を非難するのは当然だ。だがおそらく中国当局には、それなりの理由があったかもしれない。中国のデモは、国家警察と対峙するとき、かんたんに反政府騒乱に発展する。

 天安門“虐殺”がよい例だ。1989年6月4日の天安門における民主化推進を唱える学生数千名といわれるいわゆる虐殺は、実際は、公開された米大使館資料が説明するには、6月3日に天安門の学生を排除するために送られた軍と、学生を含めた怒った騒乱者が衝突した時の大量死傷者である。この学生の非虐殺に対して西側が中国に課した制裁のひとつが、騒乱規制用機器の輸出禁止だった。

 皮肉にも、中国警察が反日デモ隊を規制できなかったとしたら、その理由の一部はこうした機器がなかったことであるとも考えられる。

 かといって、日本にも全く責任がないわけではない。日本は、反中国や中国蔑視がもたらす災害について相当に無神経のようだ。その中には、三つの領土紛争についての非常に一方的な見解、台湾有事の際アメリカと協力して対中国軍事行動に当たるという暗黙の約束、靖国神社参拝、1945年以前の中国に対するおぞましい諸暴虐行為を認めていないこと、などが含まれる。韓国も日本から似たような扱いを受けはじめ、中国以上に断固たる反発を公式に示している。

 日本はすでに過去の攻撃に対して謝ったと言い張るのは意味がない。日本が真に反省しているなら、最悪の暴虐を行ったもの― 例えば、中国人捕虜に細菌実験や生体解剖を行った悪名高い731部隊― の処罰や、少なくとも追放などをしたはずだ。その上、戦時中強制連行された“慰安婦”という名の性奴隷を軍事的に乱用したことを否定しようとする日本の頑固な努力を、国際社会が聞かされることもなかったはずだ。
 口で言うことと本心がかなりちがう日本の建前・本音指向を考えれば、もう謝ったという主張はよりいっそう意味がなくなる。最近のよい例は韓国や中国の大きな怒りを買った中学校教科書改訂だ。それが、出版社の意志に反する場合も多く、文部省の指導であることが誰の目にも明らかなのに、出版社のやったことだとすまして主張しているやり方だ。

 なぜ日本はあえて、韓国を中国との連携を強めるまでに追い込み、自身が北東アジアで孤立するほどまでに、そんなにも頑固で無神経なのか。ロシアとの領土紛争でも同様な未熟さが日本の孤立をさらに大きくしている(ジャパンタイムスの3月24日の記事「北方領土紛争は欠陥外交の好例」参照)。日本のエモーショナリズムや日本が外交の大半を進める行き当たりばったり方式を考慮に入れても、日本が意図的に近隣諸国と敵対関係を作ろうとしているとは信じがたい。他の要因があるにちがいない。あまりおおっぴらには言われていないが、日本人の心の奥深いところに、自分自身を他の側からの頑固と無神経の犠牲者と考える見方があるのではないか。

 西側のアジアに対する一連の戦後の神話や誤りのリスト― 1962年中国はインドを攻撃した、とか、ベトナム戦争は中国が後押ししていた、とか、天安門“虐殺”があった、とか、― の中に、日本の1930~40年代のアジア進出や1941年の真珠湾攻撃に西側は責任がないとする無邪気な見方も、上位に入るべきだ。

 多くの日本人がいうように、これは西側のプレッシャーによる避けがたい結果だった。幾世紀も、西側列強は植民地拡張を続け日本の周囲に次第に間近に迫ってきていた。ところがその同じ列強は、日本が自分の近隣へ― 台湾、朝鮮、満州― 植民地を持とうと乗り出したとき、反対した。1930年代末の日本の中国への進出は、たちどころに西側諸国で糾弾された。だが日本の保守派の多くは、それが1930年代初頭にさかのぼる西側に触発された中国における反日ボイコットと反日行動がきっかけとなって起こった、と見ている。

 アメリカやオーストラリアによる1930年代の人種主義的反日政策は深く傷を残した。続いて、1941年アメリカによる日本が必要としている燃料や一次産品の輸出禁止― 経済戦争というものがあるとしたら、その宣戦布告といえる― だった。その最後の侮辱は、広島、長崎の原爆投下、そしてそれに続く、不備の多い東京裁判が彼らのいう日本の戦犯に恣意的な判決を下したことだ。
 また日本では戦時中の自らの暴虐に対しても、深い反省は見られない。さまざまな理屈付けが行われる。アジアの反日分子によって意図的に誇張されている、とか、中国人同士のほうがもっと野蛮な殺し合いをしていた、とか、西側も同じような暴虐をやっていた、とか、あるいは米国防長官ドナルド・ラムズフェルドがイラクに関していった印象深い言葉を借りれば“スタッフ・ハップンズ(汚いことは避けられない)”とか。

 これらに関するまた他の細かいことに関する怒りは、極右の諸塾(洗脳学校)で、保守的な講演会で、また最近勢いづいている右派メディア紙上で、ここ数十年にわたり噴出している。それは最近の日本の姿勢の強い右傾化の基盤になっている。日本の政策責任者は、日本が不当にも背負わされた戦争責任という重荷を振り払い、たとえよそから誤解を受けようとも自己主張する必要を深く感じているように思われる。
 そのことを公然といったのは自民党の保守派指導者、元通産大臣平山武夫だ。彼は、連合国とのサンフランシスコ条約の11条(日本が戦争犯罪判決を受け入れることを約束した条項)を破棄することを求めている。これが靖国問題への解決であり、日本が再び自信を取り戻すためのカギだとする。

 ところで、以上述べた全ての中で、ひとつの謎がある。日本の保守派や右派は、なぜ、戦後の憤懣を、アジアの近隣諸国に向けないで、もっと西側諸国とくにアメリカに向けないのか。そうしている人もいる。東京都知事石原慎太郎のような人がそうだ。彼らは反中国であることに負けず劣らず、反米である。極右は強烈に反米である。

 だが右派の大半はまた、台湾のことで始まる中国との再びの対決という最終目的のために、アメリカの支援は不可欠とする。1941年以前にそのような支援を取り付けることに失敗したことが、真珠湾攻撃へ、そして最終的には日本の敗北につながったという指摘がある。

 1945年以後戦争責任にこだわるドイツの真摯な努力と比べて、日本の態度を批判する人が多い。だがその比較は欠点がある。比較すべきなのは、第二次大戦後のドイツではなく、第一次大戦後のドイツである。

 1918年以降の連合国の戦争責任と懲罰のやりすぎが、ひとつの醜悪な結果を生んだ。その名をアドルフ・ヒットラーという。


Home