Japan Times

Same old contrived hysteria
By GREGORY CLARK 2005.01.18
また例の如き仕組まれたヒステリー
ジャパンタイムズ 2005.01.18
Japan seems headed for yet another bout of emotional confrontation with North Korea and China.

The latest anti-North Korea anger concerns the fate of Megumi Yokota, a girl that Pyongyang admits it abducted from Japan in 1977. Pyongyang authorities had claimed she had since died, but DNA examination of the bone they produced to prove her death suggests it is not hers. Images of Yokota's grieving parents calling for economic sanctions against North Korea have flashed across the TV screens for weeks. The rightwing media call for even stronger measures to punish and isolate North Korea for its "insincerity."

But if the bone does not belong to Yokota, doesn't this suggest that the woman could still be alive and active? Instead of grief, there should be relief. Instead of sanctions, there should be more contacts to get to the truth of things.

Pyongyang's officials have already admitted that they have a problem with their "special agencies" -- North Korea's all-powerful spy outfits. The conclusion should be obvious: At least some of the abductees, including maybe Yokota, have had to work in the agency's spy-training outfits, and cannot be released now for fear of jeopardizing spy operations.

Further escalation of tension with Japan makes it certain that the "special agencies" will want to hold on to the missing abductees a lot longer. This seems to have registered with some of the Japanese handling negotiations with Pyongyang, including Prime Minister Junichiro Koizumi. But in the media and among ambitious rightwing politicians such as Deputy Secretary General Shinzo Abe, the scenarios said to be needed to counter North Korea's "insincerity" range from national mobilization and preventive attack to obtaining the nuclear arms and rockets needed to counter North Korea's alleged military threat if sanctions are imposed.

Nowhere is there mention of Japan's far greater "insincerity" in refusing apologies or compensation for once having forced hundreds of thousands of Koreans to work in Japan, or in refusing any study of the bones recently found of people, probably Chinese and Koreans, who perished in a wartime Tokyo vivisection camp.

With China we see the same contrived hysteria. The rightwing vents fury on Beijing's warnings that relations with Japan cannot improve as long as Japanese prime ministers continue to pay respects at the controversial Yasukuni Shrine. The rightwing insists angrily that every nation has the right to honor its war dead, and that Beijing's warnings are crude intervention in Japan's affairs.

But Beijing makes it clear it has no problem with Japan honoring its 3 million war dead. Its problem is the way the shrine also honors the 14 former Japanese leaders convicted and executed for instigating a war that led not just to a 3 million Japanese dead but also to an estimated 20 million Chinese war dead. Some in Japan realize that this is the real issue, but it is ignored by a rightwing determined to stir up popular dislike for China. And when the polls show the dislike exists, the rightwing then uses this to justify further anti-China activities.

The distortions in Japan's several maritime disputes with China are even more dangerous. China claims that the border of the exclusive economic zones (EEZ) between Japan and China in the East China Sea should be decided on the basis of its continental shelf (which extends much of the way to Okinawa) rather than the median line between the two coastlines. The claim has some basis in international law, and Beijing has called for talks on the issue.

For Tokyo, talks are not needed. The issue is already decided. The median line is always described as Japan's EEZ border, not as its claimed border. Any Chinese activity near or within that line is considered a violation -- despite the fact that the Sino-Japan Fisheries Agreement of 1997 recognizes that the agreement was needed because the EEZ issue had not been decided.

Meanwhile, Tokyo steers carefully away from any suggestion that the issue should be put before the International Court of Justice, where it is quite possible that Japan would lose.

Japan's claim to a EEZ over a vast area of the Pacific Ocean around a tiny fragment of coral reef known as Okinotori Island, far to the southeast of Okinawa, is even more dubious.

The 1982 U.N. Law of the Sea Convention states quite clearly: "Rocks which cannot sustain human habitation or economic life of their own shall have no exclusive economic zone or continental shelf." This particular rock is no more than a a meter or so wide and high.

Yet fervent rightwingers such as Tokyo Gov. Shintaro Ishihara are already calling for military action to repel Chinese activity in Japan's claimed EEZ around the alleged "island."

Curiously there is no almost debate among the Japanese public over the rights and wrongs of these war-threatening issues. Once the rightwing says black is white, the rest of Japan follows meekly along. Even in the progressive media, it is now taken for granted that Japan's EEZ claims are quite correct and that any Chinese challenge to those claims proves hostile intent.

Taiwan is another flashpoint. The rightwing not only calls for Taiwan's independence from China but also U.S. military support for any confrontation with China over Taiwan -- despite the fact that Japan in 1972 specifically recognized China's sovereignty over Taiwan. Somehow rightwing logic says that China's anger at the attempted denial of its internationally recognized sovereignty is proof that such sovereignty should be denied.

Almost without debate, the rightwing has been able to have China listed in Japan's defense strategies as a potential enemy. China's military buildup is cited as the reason. There is no mention of the reasons for that buildup: U.S. "neocon" strategies to force a military confrontation with China, ideally over Taiwan, plus Japan's military buildup and its close cooperation with U.S. strategies.

Details such as the constant U.S. spy flights down the Chinese coastline, the U.S. 1996 dispatch of two fully armed aircraft carriers into the Taiwan Strait, not to mention U.S. nuclear threats against China during a former period of Taiwan Strait tension, combined with rightwing talk about Japan's "right to collective self-defense," could see Japan dragged into a full-scale war with China.

The emotional passivity of the Japanese public on this is as disturbing as the belligerence of Japan's rightwing.
またしても日本は、北朝鮮と中国との感情的対立の盛り上げに向かってまっしぐらの様相だ。

最新の北朝鮮への反発は、1977年に日本から拉致されたと北朝鮮が認めた少女横田めぐみの運命をめぐって生まれた。北朝鮮当局は、彼女はその後死亡したといっていた。だが、その証拠として提出された遺骨のDNA鑑定は、それが彼女のものでないことを示唆しているという。

悲しみの横田両親が北朝鮮への経済制裁を求める姿が、ここ数週間テレビの画面に流れ続ける。右派メディアは、メ不誠実モな北朝鮮を罰し孤立させるために、さらに強硬な政策をとるべきだと要求している。

だが、その骨が横田のものでないとしたら、これは、彼女がまだ生きて活動しているという可能性を示唆してはいないか。悲しむではなく、ほっとすべきではないか。制裁ではなく、ことの真実に迫るために、さらに交渉を密にすべきではないのか。 北朝鮮の役人たちは、すでに、“特殊機関”(北朝鮮の強力なスパイ機関)が自分たちの調査の障害になっていると認めている。結論は明らかだろう。― 少なくとも被拉致者の一部(その中には横田が含まれている可能性もあるが)は、その機関のスパイ養成組織で働かされていたと考えられるが、スパイ活動を危うくするために、いま解放することができない。 

日本との関係がこれ以上こじれれば、“特殊機関”は不明の被拉致者をさらに長くとどめておこうとするだろう。このことは、小泉純一郎首相を含め、北朝鮮と交渉に当たった日本側の幾人かは、感じ取ったことと思われる。だがメディアや、安部晋三幹事長代理ほか野心的右派政治家の中では、北朝鮮の“不誠実”への対抗措置として、制裁を発令した際に生じるであろういわゆる北朝鮮の“軍事的脅威”に対するシナリオは、国家総動員や先制攻撃から核兵器やロケットの取得にいたるまで、多岐にわたる。 

かつて数十万の朝鮮人を日本で強制的に働かせたことに対して謝罪や補償を拒んでいる、また最近発見された戦時中の生体実験キャンプで不明になった中国人か朝鮮人のものである可能性のある遺骨の調査を拒否している、というこれよりはるかに大きい日本の“不誠実”については、全く触れていない。 中国についても、同じような仕組まれたヒステリーが見られる。右派は、日本の首相があの問題の靖国神社に参拝を続ける限り日中関係の改善はないという中国の警告に怒りをあらわにしている。右派は、どの国でも自国の戦死者を祀る権利はある、中国の警告は純粋に日本の内政への干渉だと怒って主張する。 

しかし、中国がはっきり言っているのは、日本が300万の戦死者を祀ることは異存はないこと、問題は、その神社が、同時に、300万日本人戦死者だけでなく2000万中国人戦死者をもたらした戦争を扇動したことで有罪とされ処刑された14名の戦時指導者を祀っていることだ。日本人の中にも、これが本当の問題点だと理解する人はいる。ところが、国民に反中国感情を煽ろうと断固決意している右派の力で、無視されている。そして世論調査の数字が国民のなかに中国嫌いが存在することを示すと、右派はこれを口実に、さらに強硬な反中国政策を正当化するために利用する。 さらに危険なのは、中国といくつかの海事紛争をめぐって、

日本の歪曲だ。日本と中国との東シナ海における排他的経済水域(EEZ)の境界については、二国の海岸線の中間地点よりも、大陸棚(沖縄近くまで長く伸びている)を基盤にして決定すべきだというのが、中国の主張だ。この主張はある程度国際法に基づいており、中国はその点で話し合いを呼びかけている。 日本は、話し合いは必要ない、この問題はすでに決っている、という。中間地点について日本は、“日本が主張する”EEZ境界であるとはいわずに、 “日本の”EEZ境界であるとつねに断定表現を使う。その線の近辺あるいは内部での中国のいかなる活動も侵入とみなしている。― 1997年の日中漁業協定は、EEZ問題が未決着であるがゆえにこの協定が必要だったと認識しているにもかかわらず。

また一方、日本は、この問題を国際司法裁判所に委ねるべきだという提案から巧妙に身をかわそうとしている。国際司法裁判所にかければ、日本が負ける可能性が小さくない。                       さらに怪しいのは、沖縄のはるか東南にある沖の鳥島と呼ばれるさんご礁の小さな一片の周囲の太平洋の広い地域をめぐる日本のEEZの主張である。 

1982年国連の海洋法協定は明記する。:人間の居住や独立した経済生活を支えられないような岩は経済水域や大陸棚をもたない。この問題の岩は1メートルそこらの広さと高さしかない。 ところが、東京都知事石原慎太郎のような熱烈な右派は、すでに、その島をめぐり日本が要求しているEEZから中国の活動を排除するために軍事行動を唱えている。 不思議なことに、戦争の脅威さえ含んだこの問題の是非について、日本の一般国民の間にほとんど何の議論も起こらない。ひとたび右派が黒を白といえば、後の人はみなおとなしく従う。

進歩的とされるメディアでも、日本のEEZ要求は全く正しく、この要求に対する中国のチャレンジは敵意の表れであると、当然のようにしている。 台湾はもうひとつの火種だ。右派は台湾の中国からの独立ばかりでなく、台湾をめぐる中国との衝突の際にはアメリカの軍事的支援を呼びかけている。― 1972年日本は明確に台湾の中国主権を認めたにもかかわらず、右派のロジックは、国際的に認められている中国の主権を否定しようとする動きに中国が怒りを表すことが、中国のこのような主権が否定されるべき証拠だと主張する。

                           ほとんど議論なしに、右派は中国を、日本の防衛戦略にとっての潜在的敵国に指定することに成功してしまった。中国の軍備強化がその理由に上げられている。その装備がなぜ必要になったか、その理由― 中国との軍事対立(理想的には台湾をめぐって) を求めるアメリカのメネオコンモ戦略、プラス日本の軍備強化とアメリカ戦略への日本のより緊密な協力― については、なんら言及がない。 

アメリカによる中国沿岸の恒常的スパイ飛行、1996年台湾海峡へのアメリカの完全武装空母2隻の派遣、またアメリカの中国への核脅迫(以前、台湾海峡の緊張時)、さらには日本を中国との全面戦争へと引きずり込む可能性のある、右派が唱えるメ集団的自衛権モ、こうした詳細はすべて無視されている。

このことに関して、日本一般大衆の情緒的受身性は、日本の右派の好戦性と同じくらい憂慮される。


Home