Japan Times

Western lies blackened Beijing's image

By GREGORY CLARK 2005.05.30
西側の嘘が中国のイメージを悪くした

ジャパンタイムズ 2005.05.30
China's successful moves to improve ties with India have done more than sabotage Tokyo's hopes for an anti-China alliance with New Delhi. They have also put an end to the myth that China's alleged aggressions against India since the 1960s would prevent any rapprochement between the two countries.

The key to this strange belief was the claim that China in 1962 had launched an unprovoked border attack against India. That claim was a blatant lie -- and one of the brighter and shinier variety. It was a classic example of the ease with which Western governments and intelligence agencies, together with their friends in academic, media and research organs, combine to distort information and blacken China's reputation in Asia.

In 1962 I was China desk officer in Canberra's Department of External Affairs. For much of the year there had been reports of Indian troops pushing into Chinese positions along the Sino-Indian border. On Oct. 20 we had a further report about clashes between Chinese and Indian troops at the Thag La ridge near the NEFA (North East Frontier Area) border, which was to lead to a Chinese counterattack into northern India.

New Delhi claimed unprovoked Chinese aggression. But the maps in front of me showed the Thag La ridge to be north of even the Indian-claimed frontier. So India must have attacked China first, and in an area where China had already offered major territory concessions (condemned, incidentally, by Taipei as a sellout to India).

When my cables to London and Washington confirmed this rather important fact, I assumed I could suggest to my superiors to ease up on their instant denunciations of Chinese "aggression" and their promises of immediate arms to India. Their response was swift: "We fail to see that it is not in the Western interest to have the Chinese and the Indians at each other's throats." London and Washington went along with this grubby realpolitik. Soon the commentators and experts in the Western media and elsewhere were retailing ominous tales about China's aggressive intentions throughout Asia.

The myth of Chinese aggression against peaceful India was to distort Asian affairs for more than 40 years. With the help of Western black-information agencies -- British especially -- it was to provide much of the justification later for Western intervention in Indochina. Detailed documentation from Beijing proving the location of the Thag La ridge was ignored.

Even the 1972 publication of "India's China War," the irrefutably detailed book by Neville Maxwell, the London Times New Delhi correspondent at the time, proving how Indian Prime Minister Jawaharlal Nehru had ordered the attack across the frontier, largely because of national pride and angst over the way China had consolidated control over Tibet, did little to change things. My own book on the subject, "In Fear of China," published four years earlier, had done even less.

Now, finally, with last month's historic meeting between the Chinese and Indian prime ministers in New Delhi, the myth is being buried. Both sides have agreed to settle frontier differences -- something China has long been able to do with all its other contiguous neighbors, often generously. India has dropped any challenge to China's sovereignty in Tibet. China has recognized Indian sovereignty over the once semiautonomous Himalayan region of Sikkim. A strategic partnership has been promised.

But hopes of Japan-India cooperation to oppose China still smolder in the hearts of many Japanese hawks. For years the goal was a tripartite Japan- India-Australia alliance against Beijing in Asia. That began to fall apart as Canberra belatedly realized its economic future lay with China.

Now the hawks are making much of Japan and India's alleged democracy vs. China's alleged totalitarianism, hoping to link into U.S. neocon plans to use the democracy issue to inspire change not just in the Middle East but eventually to force confusion and breakup in China. Leading hawk Tokyo Gov. Shintaro Ishihara has now come out openly in the latest issue of Bungei Shunju magazine calling for such a breakup. With the Yasukuni Shrine issue back in the headlines, others will want to follow.

Yasukuni is an especially fertile source of continued anti-China claims. Tokyo's insistence that Beijing's protests over Yasukuni amount to intervention in Japan's domestic affairs rings hollow when one considers how the shrine and its notorious museum celebrate a Japanese intervention in China's domestic affairs that left some 20 million people dead. And Article 11 of the 1952 San Francisco Peace Treaty specifically obliges Japan to accept Beijing's key point, namely that the 14 wartime leaders enshrined at Yasukuni were in fact A-class war criminals. You can't get more international than that.

Talk about Japan's 60 year postwar record of peaceful behavior in Asia and official development assistance to China is also meaningless when it is clear that Tokyo wants to be involved in U.S. plans for military action against North Korea and China. ODA was simply a cheap way for Japan to avoid having to pay war reparations to China.

The claims that Japan has already apologized to China more than 20 times are also meaningless, given Tokyo's stubborn refusals to admit to former atrocities in China and to compensate Chinese and Korean individuals enslaved during the war years. As both the Chinese and South Korean leadership have pointed out, actions are more important than words, and so far Tokyo's actions have not been impressive.

That the Western media have largely gone along with Tokyo's claims over Yasukuni is further proof of just how easily they accept distorted views of China. Other examples include the Tiananmen massacre myth (check the now declassified cables from the U.S. Embassy in Beijing at the time for the true story), the claim that China's claims over Taiwan are expansionist (check the terms on which every major power has accepted Beijing's sovereignty over the island), or Beijing's constant reference to Taiwan as a "renegade province" (check the English-language Web sites for the main Chinese newspapers to find the reality). And so on.

It's time this important nation was taken more seriously.


 中国がインドとの関係改善を着実に進めていることで、インドとの反中国同盟という日本の期待は大きく狂わされた。それは同時に、いわゆる“1960年代以来の中国のインド侵犯モのために二国間にはいかなる和解もあり得ない、という神話を打ち砕いた。
 この奇妙な神話の元は、1962年に中国がインドに対し一方的に国境侵犯を行ったという主張だった。この主張は明らかな嘘だった。― しかもとびきり華々しい、透け透けの品種だ。それは西側政府や情報機関が、大学やメディア、研究機関の仲間たちと組んで、いとも簡単に情報を捻じ曲げ、アジアにおける中国評判を汚すために力を合わせているかを示す古典的な例だ。
 1962年私はオーストラリア外務省の中国デスクの一員だった。その年の間中インド軍が中印国境沿いの中国陣地に侵入しているというレポートが続いた。10月20日われわれのもとに、NEFA(北東国境地域)境界付近のタグラ尾根で中印部隊が衝突したという新たな情報が入ったが、それはインド北部に中国が反撃するきっかけになったものだった。
 インド側は、侵犯を受けていないのに中国が侵犯したと主張、ところが地図で見るとタグラ尾根はインドが主張する国境地帯よりもさらに北にあることがわかった。したがってインドが最初に中国を攻撃したことは間違いなく、しかも、中国がすでに国境問題で大きな譲歩を提出した(そのため台湾からは国を売り渡したと糾弾された)地域でのことだった。    
そのとき私は、ロンドンとワシントンに電報を打ちこの非常に重要な事実を確認した後、上司に対し、あなた方の即刻の”中国による侵略と即時インドへ武器を送る約束を停止すべきだと示唆するのがよいと判断した。彼らは即刻反応した:メ中国とインドを戦わせることが西側の利益に反するということは、見えてこない。モイギリスもアメリカもこのきたない実利主義の路線を採った。ほどなく西側のメディアその他のコメンテーターやエキスパートは、中国はアジア侵略的政策をとろうとしているという不吉なストーリーを振りまき始めた。
“平和的なインドへの中国の攻撃”という神話が、以後40年以上アジア情勢を歪めることになった。西側のブラック・インフォメーション機関― とくにイギリスの― の協力のもとに、この神話は後の西側のインドシナ介入を正当化する上で大きな役割を果たした。中国が提出したタグラ尾根の位置を示した詳細な資料は、無視された。
1972年出版の、当時ロンドンタイムズ・ニューデリー特派員ネヴィル・マクスウェルによる反論の余地なき詳細な著書「インドの中国戦争」でさえ、インドの首相ジャワハルラル・ネルーが、国の威信と、中国がチベットに対してコントロールを確立したことに対する不安を主な理由として、国境を越える攻撃を命じたことを証明していたにもかかわらず、状況を変えるにはほとんど役立たなかった。私がこの4年前に出版した、この問題に関する著書「イン・フィア・オブ・チャイナ」(邦訳:国際政治と中国)はなおさら、事態を変えることはできなかった。
 そしてついに、先月ニューデリーにおける中国とインドの首相の歴史的会談があり、神話は葬り去られた。双方は国境問題の対立点を話し合い解決することで一致した( 中国は、多くの場合気前よい形で、国境を接する他の全ての国とこれをとうに済ませていた。)インドはチベットにおける中国の統治権に対しいかなる挑戦も放棄。中国はヒマラヤの以前準自治区だったシッキムに対するインドの主権を承認。戦略的パートナーシップが確約された。
とはいえ、中国と対決するための日印同盟の望みは、まだ多くの日本のタカ派の心中にくすぶっている。長い間、目標は、アジアにおける中国を相手取った日印豪の三者同盟だった。この思惑は、オーストラリアが、遅ればせながら、自分たちの経済の将来は中国とともにあることを悟ったために、空中分解し始めた。
今ではタカ派は、日本とインドのいわゆる民主主義対中国のいわゆる全体主義という構図をもてはやしている― 中東を変えるのみならず、中国に混乱と解体をもたらすために、民主化問題を利用するというアメリカ・ネオコンのプランの一翼を担おうとして。
タカ派の指導者である東京都知事石原慎太郎は「文芸春秋」最新号で、公然と、このような解体をもたらそうと公言するまでになった。靖国問題が再びマスコミの見出しに浮上するようになり、他にもこれに追従するものが出てくるだろう。
靖国はとくに、反中国をいい続けるために、格好な土俵になっている。靖国に対する中国の抗議は日本への内政干渉だという日本のいつもの言い分は、神社と悪名高い資料館が2千万人ともいわれる死者を出した中国に対する日本の内政干渉を祝福していることを考えるとき、空虚に響く。そして1952年サンフランシスコ平和条約11条は、具体的にとくに、靖国に祀られている戦争時指導者14名は実際はA級戦犯だという中国のキーポイントを受け入れることを日本に求めている。これ以上に国際的なことはない。
戦後60年日本はアジアで平和的に行動した歴史があり、中国へODA(政府開発援助)もしているという話は、日本が、アメリカの北朝鮮と中国に対する軍事行動計画に加わりたがっていることが明らかなとき、これまた意味がない。またODAは、単に中国へ賠償支払いを避けるための安上がりの方法だった。
 中国に対してもう20回以上も謝ったという言い分もまた、中国に対する過去の暴虐を認めることや戦時奴隷的労働に動員された中国人、朝鮮人に対する補償を頑固に拒んでいる限りは、無意味なことだ。中国と韓国の指導者がともに指摘したように、ことばより行動が肝心で、これまでのところ日本の行動は説得力に欠ける。
 西側のメディアがおおよそ日本の靖国主張に同調しているのをみても、彼らがいかに簡単に中国への歪んだ見方を受け容れるかがよくわかる。他にも、天安門虐殺神話(真相については、今では公開されている当時の在北京アメリカ大使館発の電報を参照)、台湾に関する中国の主張は拡張主義だというクレーム(主要国すべてがその島に対する中国の主権を受け容れたときの条件をチェックのこと)、また中国がいつも台湾を“裏切りの県”として言及していること(詳しくは主要中国紙の英文ウエブサイト参照)等々、例は多い。
 いまこそ、この重要な国について、もっとまじめに考えるべき時だ。


Home